[戻る]
当分クロネコの悪夢が続きます。  2009.3.17

メール便支店長のケータイに電話しても出ないので、留守電を入れましたが、返信無し。
メール便支店長の名刺に載ってる番号に2回FAXしましたが、これにも返信無し。

シカトして、数万円の弁償を頬かむりするつもりなのか、あくまでも破損については無視を決め込んで、こちらが未払い者だということで押し通すつもりなのか・・・。
頭の良い人たちの考えることは常識も良識も超越してしまっていますので、私らには検討もつきません。

アメリカを見ていて、つくづく思いますが、拝金主義は中国だけではないのですね。
ヤマト運輸の元会長は、障害のある人たちの自立の手助けのためのパン屋さんをやったりして、社会のために活動されていますが、今のヤマトにそんな社会に貢献しようなどという考えの持ち主は皆無のようです。
在日韓国・朝鮮人は社員にしないということで、訴えられたり、女性ドライバーも社員に登用しないと問題視されたり、これだけの大企業になって、社会的義務感が欠落しているのかも知れません。
お金を儲けるためなら、法律に触れない限りなんでもするという風潮が小泉改革以来、蔓延し、それが今や、ばれなければ法律違反でも何でもするということになってしまったのかもしれません。

今、巷ではWBCが開催され、2連覇!と期待が高まっていますが、その『サムライ・ジャパン』のサムライたる資質、「恥を知る」ということが、今の日本では全く無くなってしまいました。
法律以前に、自らを律する規範として、「おてんとう様に恥ずかしくない」ことという、スケールがあったはずなのですが・・・。