[戻る]
恐ろしい『バケネコヤマト』  2009.3.19

色々な方からご連絡をいただいています。

皆さんがおっしゃるのは、「他のサイトでもヤマトの被害者が様々な書き込みをしているよ」ということです。
実際、ちょっと検索してみて、ビックリ!
当社の場合と同じ様なケースで、同じ様な対応をされて、結局は泣き寝入り状態で、しかしその途中経過ではらわたが煮えくり返るような思いをさせられて、やむに止まれずネット上で一般の方にご自分の思いを訴えていらっしゃるようです。

ヤマトの対応は、『黙らせる』『払わせる』『黙ったら、あとは知らん振りで放っておく』『払わせたら、こっちのものだから、あとは何もしないで放っておく』、『黙らせるためには、嘘の約束でもなんでもする』『払わせるためなら、恐喝まがいのことでも、詐欺まがいのことでも、証拠が残らないようにして、なんでもする』ということに尽きるようですが、それが、全社的に行われているということは、お巡りさんが言っていたように、やくざやサラ金と同様のマニュアルが出来ているのか、或いは、これはもっと恐ろしいですが、アメリカのTVドラマ・シリーズの『X−ファイル』のストーリーのように、クロネコヤマト全社に宇宙の意思か何かが取り付いて、バケネコヤマトとして、操っているのかも知れませんね。
普通の人間がかなう訳がありません。
卑怯という感覚が無いのですから。宇宙の意思だし!!