[戻る]
さぼってます!  2010.6.9

すみません!
一年以上更新していませんでした。

デザイナーさんの奮闘で、サイトは新しくなったというのに、中身は私の怠慢で旧態依然の部分が多々あります。
うちの猫たちが、ちっとも仕事を手伝ってくれなくて、折角仕入れても忙しさにかまけてご紹介していないおもちゃで「遊んでくれろ!」と終業時間を見計らって騒ぎ始めます。

会社が移転してから外に遊びに出ることもかなわず、完全な内猫状態ですので、チューチュー言うネズミ(もちろんおもちゃのです)を振り回したり、羽をビュンビュン飛ばしたり、運動不足を解消させるために遊びに付き合っていますが、こちらもかなり疲れます。

実は、半年ほど前に一人増えました。
名前は『たら子』。
鱈子唇のたらこです。
白の多い三毛猫です。
娘の通う中学校の近所に出没するようになった迷い猫なのですが、ご飯をあげてるおばさんに「人に馴れてるから、連れてって面倒をみてやってくれないか」と言われたとかで、その翌日から我が社の猫になりました。

マタマタ『実は』なのですが、シンゴ(シンちゃん)が、会社の引越しの数日前から、二度目の行方不明になりました。
結局引越し当日まで戻らず、近隣の方にご挨拶かたがたシンゴを見かけたら電話をくださいとお願いしてきたのですが、一年後の今まで姿を現していません。

たら子は、そのシンちゃんのケージに、レトルトのキャット・フードの空き箱をベッドにして暮らしています。

たら子のことは、おいおいご紹介するとして、一つだけ特技をご紹介。
お夕飯を食べると、止せばいいのに『そのまんま猫の草』(私が命名した、すぐに食べられる状態でお届けする猫草)をつまみ食いし、その直後、声も出さずに、食べたばかりの缶詰をまるまる吐き出します。
そこで、たら子から《ゲボミ》に改名しようかという意見もあったのですが、ゲロミと紛らわしいので、とりあえず見送りになっています。

ちなみに、画像の猫は巨体を誇る《チビ》です。